フレンチ ブルドッグ チンスリ。 チンスリをするフレブル蛍。どこからどうみても人間のおっさん

フレンチブルドッグの里親募集&迷子情報|ペットの命

フレンチ ブルドッグ チンスリ

(391)• (247)• (164)• (159)• (146)• (92) もっと見る• (50)• (42)• (41)• (40)• (28)• (24)• (23)• (18)• (18)• (17)• (16)• (15)• (12)• (12)• (11)• (9)• (7)• (7)• (6)• (6)• (6)• (5)• (5)• (5)• (4)• (4)• (4)• (3)• (3)• (3)• (3)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• プチバセットグリフォンバンデーン (0)• ベドリントンテリア (0)• ブルマスティフ (0)• ブリタニースパニエル (0)• ブリュッセルグリフォン (0)• マスティフ (0)• ラフコリー (0)• ラサアプソ (0)• ミニチュアブルテリア (0)• レークランドテリア (0)• レオンベルガー (0)• ワイアーフォックステリア (0)• ロットワイラー (0)• ロシアントイテリア (0)• アイリッシュウルフハウンド (0)• ミディアムプードル (0)• ポリッシュローランドシープドッグ (0)• 北海道犬 (0)• ベルジアンシェパードドッグ (0)• ボルドーマスティフ (0)• ボロニーズ (0)• プーリー (0)• ホワイトスイスシェパードドッグ (0)• ベルジアングリフォン (0)• ティーカッププードル (0)• サモエド (0)• コーイケルホンディエ (0)• ケリーブルーテリア (0)• ケアーンテリア (0)• シーリハムテリア (0)• 四国犬 (0)• ジャイアントシュナウザー (0)• ジャーマンポインター (0)• シャーペイ (0)• クランバースパニエル (0)• 紀州犬 (0)• ウェルシュテリア (0)• ウェルシュコーギーカーディガン (0)• イングリッシュスプリンガースパニエル (0)• アメリカンスタッフォードシャーテリア (0)• エアデールテリア (0)• オーストラリアンキャトルドッグ (0)• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ (0)• オールドイングリッシュシープドッグ (0)• オーストラリアンシェパード (0)• スキッパーキ (0)• スタンダードシュナウザー (0)• 日本テリア (0)• ナポリタンマスティフ (0)• 土佐犬 (0)• トイマンチェスターテリア (0)• ニューファンドランド (0)• ノーリッチテリア (0)• ファラオハウンド (0)• ビアデッドコリー (0)• バセンジー (0)• アイリッシュテリア (0)• アーフェンピンシャー (0)• ダンディディンモントテリア (0)• セントバーナード (0)• タイニープードル (0)• チェサピークベイレトリバー (0)• チベタンスパニエル (0)• チャウチャウ (0)• チャイニーズクレステッドドッグ (0)• チベタンテリア (0)• ブービエデフランダース (0)• 北海道• 北海道 (0)• 青森県 (0)• 岩手県 (0)• 宮城県 (0)• 秋田県 (0)• 山形県 (0)• 福島県 (0)• (1)• 栃木県 (0)• 群馬県 (0)• (8)• (2)• (5)• (6)• 北信越• 新潟県 (0)• 富山県 (0)• 石川県 (0)• 福井県 (0)• 山梨県 (0)• 長野県 (0)• 岐阜県 (0)• (2)• 愛知県 (0)• 三重県 (0)• 滋賀県 (0)• 京都府 (0)• 大阪府 (0)• 兵庫県 (0)• 奈良県 (0)• 和歌山県 (0)• 鳥取県 (0)• 島根県 (0)• 岡山県 (0)• 広島県 (0)• 山口県 (0)• 徳島県 (0)• 香川県 (0)• 愛媛県 (0)• 高知県 (0)• 福岡県 (0)• 佐賀県 (0)• 長崎県 (0)• 熊本県 (0)• 大分県 (0)• 宮崎県 (0)• 鹿児島県 (0)• 北海道• (32)• (4)• (1)• (1)• 秋田県 (0)• (8)• (3)• (54)• (5)• (5)• (460)• (246)• (964)• (527)• 北信越• 新潟県 (0)• (1)• 石川県 (0)• 福井県 (0)• (5)• (3)• (4)• (120)• (17)• (9)• (1)• (5)• (27)• (82)• (5)• (5)• 鳥取県 (0)• 島根県 (0)• (2)• 広島県 (0)• (2)• (12)• (12)• (3)• 高知県 (0)• (23)• 佐賀県 (0)• (3)• (4)• (1)• 宮崎県 (0)• (3)• (1).

次の

フレンチブルドッグのチンスリ ちょっと恥ずかしい謎のおもしろ行動

フレンチ ブルドッグ チンスリ

JALは2007年7月20日から、フレンチブルドッグとブルドッグの国内・国際線の輸送を全面的に取りやめた。 同社広報部によれば、これまでに同犬種について衰弱する事例が相次ぎ、なかには死亡する例もあったため、獣医師などの専門家のアドバイスに従い、航空機の輸送環境の影響をより受けやすいと判断したという。 ブルドッグなどは「短頭犬種」と呼ばれる犬種に属し、一般的に体温調整が苦手とされる。 貨物室は一般的に客室とほぼ同程度の温度に設定されているが、ペットが貨物として航空機内に収容されると、貨物の出し入れの際などに貨物室の温度が上がるなど、温度の設定状況がやや不安定でペットは温度の変化を機内よりも受けやすい。 ブルドッグなどの「短頭犬種」は熱に非常に弱く、衰弱してしまう可能性があるのだ。 一方、ANAも2007年7月23日、8月1日から9月30日までのあいだ、ブルドッグのほか、ボクサー、シーズー、スパニエル、チャウチャウ、パグ、チンなどの「短頭犬種」の国内線の輸送を取りやめると発表した。 同社広報室によれば、以前からこの犬種の空輸の取り止めを検討していたが06年度に国内線で2件の犬が死亡した事例があり、取りやめることにした。 同社はすでに07年5月18日から、国際線の同犬種の空輸を取りやめていた。 航空各社にとっては、愛犬家に敬遠されかねない策とも思われるが、両社はそろって、 「ペットは家族の一員のように大切な存在で、万が一のことがあればそちらの方が残念なこと」 と述べている。 さらに、これに引き続き、、、も同様の理由でブルドッグを中心とした「短頭犬種」の取り止めを発表するなど、ブルドッグなどの「短頭犬種お断り」の航空会社が相次いでいる。 ネット上でも様々な議論が出る 一見、「愛犬家思い」とも思える航空会社の対応だが、愛犬家には大問題。 一緒に飛行機で旅したいとはいえ、航空機内で愛犬が死んでしまうのも困る。 インターネット上でも様々な議論になっているようで、 「だめなんですねー。 ショックです!」 「困ることが色々出てくるだろうな。 ブリーダーさんで、遠くへ飛行機を使ってワンコを送っていらっしゃる方を知っている」 「難しい問題ですが、いつの日か同席できるようになればな・・・と。 真逆へ動いていきそうですが・・・」 「どんな理由であれ『絶対に一緒に連れて行かないといけない』理由なんてないのですから。。。 」 と意見もさまざまだ。 (KCジャパン)はの取材に対し、 「空輸できないとなれば、ブリーダーがブルドッグなどを供給できなくなり、犬種が少なくなる可能性がある。 (航空会社の空輸取り止めが理由で)こういった犬種を買わなくなってしまう人だっているでしょう。 犬種によって不公平な目に遭うことになる。 特定の犬種を乗せないということでなく、根本的なサービスの体制を考えてもらいたい」 と要望している。

次の

フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

フレンチ ブルドッグ チンスリ

- 2017 6月 12 2:14午前 PDT この行動は、何を意味しているのでしょうか。 また、これをするのはフレンチブルドッグだけなのでしょうか。 一見、笑ってすませてしまいそうな行為ですが、全ての行動には必ず「理由」があるはずです。 ここからは、プロドッグトレーナーの大久保羽純の見解をご覧ください。 *** SUNNY Dog Training Partner(プロドッグトレーナー)の大久保羽純です。 フレンチブルドッグが、前足を使ってお股をさわる行動を見たことがある方はいるでしょうか? フレブル愛好家からは通称「チンスリ」と呼ばれている、この謎めいた行動。 いったい何なのかという声が多数あがっております。 今回は、「チンスリ」から考えられることをお話しましょう。 何とも言えないその表情。 せっかくの可愛い動作なので、心温まるメルヘンな感じのお話をしたいところなのですが…。 この行動は性器を刺激することで快感が起こるため、繰り返されているのではないかと言われています。 性的刺激と言っても、ハアハアするばかりではなく、恍惚とした表情をしている子もいれば、ただただ無心で触っている子もいます。 どう感じているかは犬に聞けないので厳密にはわかりませんが、行動が繰り返されていることからも、「気持ちがいいこと」ではあるようです。 では、マスターベーションのようなものかというと、確かにそれに近いのかも知れません。 しかし、そもそも人間の性的快楽と同様の快楽を、犬が感じているかどうかについては定かではありません。 そのため、人間のように快楽の頂点としての射精に結び付ける行為とは違い、ただ触って気持ちいいとか、触って落ち着くということの可能性もあります。 人間の子供でも、緊張したときや落ち着きたいとき、ゆったりしているときなどにお股を触る子がいます。 まだ小さな子供でも、毛布などを体に挟んで性器に刺激を加える子もいます。 昔、日本テレビ系列局で放送された「進ぬ!電波少年」で、カラテカの矢部さん(芸人)が、癖で自分の股間をギュッと握るシーンがよくピックアップされていました。 本人曰く、落ち着くのだそうです。 ちなみにメスでもそのようなことをする子もいますし、飼い主さんがお股を拭いてあげることで同様の表情をする子もいるそうです。 なるほど!と思われた方も、そうなのかな~と思われた方もいるのではないでしょうか。 どんな行動も、本当の理由は犬に聞いてみなければわかりません。 その行動の一つの傾向や可能性として、記事を楽しんでくださいね。 ちなみにいつもコラムではお話していますが、どんな行動もやりすぎていれば問題です。 体に支障が出るほどであれば、その行動は変えていく必要がありますので、注意してくださいね。 *** (まとめ) 大久保羽純さんの見解、いかがでしたでしょうか。 愛ブヒのカワイイ・おもしろい行為にも、必ず理由があります。 普段は笑ってすませてしまう行動も、このようにプロドッグトレーナーさんにお話を聞くと、新しい発見がありますね。 常に愛ブヒの行動を見つめ、少しでも疑問に思ったときは、獣医師さんやトレーナーさんなどにお話を聞いてみてはいかがでしょうか。 愛ブヒのことをよく知ること。 これが、豊かなフレブルライフをおくる重要 なポイントかもしれません。 プロフィール 大久保羽純 PERRO株式会社 代表取締役 SUNNY Dog Training Partner代表 大久保羽純 米国CCPDT認定CPDT-KAライセンス所持プロドッグトレーナー 日本とニュージーランドでトレーニングを学び、現在は東京で「犬と人の心をつなぐトレーニング」を広めている。 こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。 人気ランキング• 公園が閉まっていた… フレブルのGriffinとHaruは、オーナーさんと一緒にお気に入りの公園に遊びに来ま... 5,600ビュー• 「いっただっきまーす!」 もはやルンルンといえそうな軽快な足取りで、ご飯の器までまっしぐらに向かうフレブルの... 4,800ビュー• お尻にぶつかって「スッテーン」 カメラを見上げている2頭のフレブル。 オーナーさんが「回れ」と合図を出すと、手... 4,600ビュー• まじか、と声に出ちゃいそう うつらうつらとくつろぎきった顔と体勢で、諭吉はお昼寝の最中みたいですよ。 3,400ビュー• 愛ブヒの名前が入れられるタオルブランケットが登場! 何かに覆われて眠るのが大好きなフレブ... 2,900ビュー.

次の