コロナ ウイルス 太陽 光。 新型コロナ、弱点は太陽光? 高温・多湿でウイルス減少―米実験:時事ドットコム

菌とかウィルスにとっては、太陽の光はどういう作用をするのですか。 ...

コロナ ウイルス 太陽 光

56 ID:yWQo7GZD9 【4月24日 AFP】(写真追加)米政府高官は23日、新型コロナウイルスが太陽光によって急速に不活性化するとの研究結果を発表した。 夏の間は感染拡大が収まることが期待される。 米国土安全保障省長官の科学技術顧問を務めるウィリアム・ブライアン(William Bryan)氏はホワイトハウス(White House)で記者団に対し、「太陽光には、物質の表面と空気中の両方に存在するウイルスを不活性化する作用があるとみられる」と明らかにした。 ブライアン氏は、「温度と湿度にも同様の作用が見られた。 温度または湿度、あるいはその両方の上昇は、一般的にウイルスにとって好ましくない」と説明した。 実験は国立生物兵器分析対策センター(NBACC)で実施。 無孔質の表面には、ドアノブやステンレス製品の表面などが含まれる。 これに太陽光が加わると、1分半にまで減少した。 ブライアン氏は、夏のような状況は「感染を減らすことができる環境を生み出すだろう」と結論付けた。 しかし、感染が減少しても新型ウイルスが根絶されたわけではなく、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)を求めるガイドラインを全面的に廃止することはできないと警告した。 70 前スレ 引用元:• 」 「我々は最初からコロナは人類が立ち向かう悪魔だと言ってきた。 」 「各国はコロナを政治利用するな」 「1人の命も無駄にできない。 11 ID:4EoAse1d0 【速報】 アメリカが発表「コロナウイルスは紫外線と湿度で不活性に」 22度の気温で80%の湿度の場合は、2分半でウイルスが不活性に コロナとの戦い、日本は「高紫外線多湿の夏」という強力な盾をもって有利に進められそうだ。 42 ID:Zfl5LYct0 ウイルスは体内で繁殖するから湿度も紫外線も関係ない。 感染者が夕方以降活動すれば朝まで活性化したまま他人に移すことになるけどな。 日光浴によって人の皮膚に存在するプロビタミンDが活性化されるから そして体内機能性タンパク質の活性化を促して血中カルシウム濃度を一定にして神経伝達や筋肉収縮の働きを安定させる作用がある ビタミンDは過剰に摂取しても不足しても問題になる。 不足すると低カルシウム血症になってカルシウム不足に繋がって高齢者の骨粗鬆症や妊婦の骨軟化症に繋がる 岡江さんはこれがキッカケになったのではと推測 そして過剰でも血管壁、腎臓、肺、心筋に多量のカルシウムが沈着する。 沈着することで腎機能障害や嘔吐や神経の興奮性の亢進の症状が出る。 行動に移すにはまだ時期尚早なので、最終結論に至るまではどうか今まで通り自粛を継続し、冷静に判断しましょう。 今気を抜いたら、医療現場は壊滅に追い込まれます。 — ちょこぼ ZZoExHdnuBlao9s 太陽光で急速に不活性化のまとめ この研究報告によると、夏には新型コロナウイルスの感染拡大がおさまるかもしれないとの事でした。 これが本当であれば、朗報だが、どうなのか。 1日も早くおさまることを祈ります。

次の

太陽光は新型コロナウイルスを急速に不活性化させるのか? 論文の公開求める声も 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ ウイルス 太陽 光

【AFP=時事】(写真追加)米政府高官は23日、が太陽光によって急速に不活性化するとの研究結果を発表した。 夏の間は感染拡大が収まることが期待される。 米国土安全保障省長官の科学技術顧問を務めるウィリアム・ブライアン(William Bryan)氏はホワイトハウス(White House)で記者団に対し、「太陽光には、物質の表面と空気中の両方に存在するウイルスを不活性化する作用があるとみられる」と明らかにした。 ブライアン氏は、「温度と湿度にも同様の作用が見られた。 温度または湿度、あるいはその両方の上昇は、一般的にウイルスにとって好ましくない」と説明した。 実験は国立生物兵器分析対策センター(NBACC)で実施。 無孔質の表面には、ドアノブやステンレス製品の表面などが含まれる。 これに太陽光が加わると、1分半にまで減少した。 ブライアン氏は、夏のような状況は「感染を減らすことができる環境を生み出すだろう」と結論付けた。 しかし、感染が減少しても新型ウイルスが根絶されたわけではなく、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)を求めるガイドラインを全面的に廃止することはできないと警告した。

次の

【朗報】新型コロナウイルス、太陽光で急速に不活性化 米研究 ★

コロナ ウイルス 太陽 光

【AFP=時事】(写真追加)米政府高官は23日、が太陽光によって急速に不活性化するとの研究結果を発表した。 夏の間は感染拡大が収まることが期待される。 米国土安全保障省長官の科学技術顧問を務めるウィリアム・ブライアン(William Bryan)氏はホワイトハウス(White House)で記者団に対し、「太陽光には、物質の表面と空気中の両方に存在するウイルスを不活性化する作用があるとみられる」と明らかにした。 ブライアン氏は、「温度と湿度にも同様の作用が見られた。 温度または湿度、あるいはその両方の上昇は、一般的にウイルスにとって好ましくない」と説明した。 実験は国立生物兵器分析対策センター(NBACC)で実施。 無孔質の表面には、ドアノブやステンレス製品の表面などが含まれる。 これに太陽光が加わると、1分半にまで減少した。 ブライアン氏は、夏のような状況は「感染を減らすことができる環境を生み出すだろう」と結論付けた。 しかし、感染が減少しても新型ウイルスが根絶されたわけではなく、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)を求めるガイドラインを全面的に廃止することはできないと警告した。

次の