追憶radwimps。 ソロギターtabはこちら↓↓

RADWIMPS(ラッドウィンプス)、今夏公開、新海誠監督の長編大作アニメーション『君の名は。』で映画音楽を制作!新曲「前前前世」による予告映像を初解禁!

追憶radwimps

com ニュース]、、が共演し、監督がメガホンをとった映画「」の本予告映像と本ポスターが、このほどお披露目された。 あわせて、主題歌情報も発表。 タイトルは「一縷(いちる)」となり、人気ロックバンド「RADWIMPS」のが作詞、作曲、プロデュースを手がけ、女優のが歌唱を担当していることがわかった。 「」「」などで知られる氏の小説「犯罪小説集」を基に、「64 ロクヨン」「」などの瀬々監督が映画化。 ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女誘拐事件が起こった。 事件は未解決となり、事件直前まで被害者と一緒にいた親友・湯川紡(杉咲)は心に深い傷を負ってしまう。 12年後、再び少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす中村豪士(綾野)が容疑者として浮上。 一方、Y字路に続く集落では、養蜂家・田中善次郎(佐藤)が、些細なことから状態にされてしまう。 人はなぜ罪を犯すのか、そしてなぜ自分だけが生き残ってしまったのか。 それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。 監督作「」(2016)の公開当時には、ヒロイン・宮水三葉を演じた上白石が、主題歌のひとつでもある「RADWIMPS」の「なんでもないや」をカバーし大きな話題を呼んでいた。 そして、同作以来3年ぶりとなる「」で、野田は上白石に初めて楽曲を書き下ろすことに。 本ポスター C 2019「楽園」製作委員会 「初めてこの楽曲をいただいた時、部屋にこもって正座して聴いたのですが、気づいたら泣いていました」と振り返る上白石。 「まさに、小さい光が差したような気がしたんです。 上白石に対して「初めて歌うように、この曲を歌って欲しい」とアドバイスしていた野田は、「萌音さんには、今回初めて楽曲を書かせていただきましたが、声優もされていて、もちろん女優としての表現力もあるからこそ、自分の声を知り尽くしていて緻密さ、大胆さも、縦横無尽に表現できる。 僕も学ぶことが多いレコーディングでした」と述懐。 「『』という映画によって、萌音さんとまたこうして引き合わせてもらえたことがうれしいし、この曲が制作できたことが幸せです。 僕にとっても大事な曲になると、この手応えを感じながら制作していました。 聴いてくれる方々の人生と、一緒に育っていってくれたらうれしいです」とコメントを寄せている。 「」は、10月18日から全国公開。

次の

RADWIMPS『叫べ』、ギャツビー新CM楽曲に起用!6月27日よりオンエア開始!

追憶radwimps

ボーカル野田洋次郎の創り出す独特の歌詞と音楽性で多くのファンを魅了し続けるロックバンドRADWIMPSが、2016年8月26日(金)より全国公開される新海誠監督の長編大作アニメーション映画『君の名は。 』の音楽を制作することが決定した。 そしてこの度、新曲「前前前世」(ぜんぜんぜんせ)による『君の名は。 』の予告映像が初解禁。 新海誠監督の生み出す美しい映像に、RADWIMPSのアップテンポな楽曲が加わり、キャラクターに新たな命が吹き込まれ、かつてない躍動感のある映像に仕上がっている。 RADWIMPS・野田洋次郎と新海誠監督の出会いは2年前まで遡る。 曲を聞いた上で作りたいシーンがいくつかあるという新海誠監督からの要望を受け、製作初期からデモ曲をやり取りし、プロット段階から作品に携わってきた。 新海誠監督は、劇中にボーカル楽曲を印象的に使う名手としても名高く、今回も大切な場面でRADWIMPSの書き下ろしたボーカル曲が、「前前前世」含め複数使われている。 RADWIMPSはボーカル楽曲に加え、20曲以上の劇中音楽全てを制作しており、彼らとしても初めての試みとなっている。 映画『君の名は。 』は、『秒速5センチメートル』(07年)、『言の葉の庭』(13年)など意欲的な作品を数多く作り出し、次世代の宮崎駿、ポスト細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の最新作。 RADWIMPSと新海誠監督の細かいキャッチボールは、長期間何度も繰り広げられており、妥協のない作業が今もなお、日夜繰り広げられている。 RADWIMPSの多種多様な音楽性と、新海誠監督の美しくも切ない詩的な世界観が化学反応を引き起こし、音楽とアニメーションのかつてない密なコラボレーションによる作品が生まれようとしている。 <RADWIMPSコメント> -映画と、僕たちの音楽が掛け合わさることがあるとしたら- それは単純にオファーを受けて主題歌を作るという関係でないものでありたいと、漠然と思っていました。 お互いの領域にオーバーラップし、響き合い、結びつき、共に冒険ができるようなものであったら、素敵だなぁと思っていました。 今回の『君の名は。 』という作品と僕たちRADWIMPSは間違いなくそういう関係にあったように思います。 一昨年の冬に新海監督とお会いし、そのまっすぐな人柄とこの脚本に惹かれました。 そしてこの1年間、僕たちはひと足先に『君の名は。 』の世界にどっぷりと浸かることになりました。 おそらくすべてのシーンの、すべての台詞が今は言えると思います。 但し、声は声優さんたちが入れる前の監督のあてたもの、絵も監督が描いてくださったラフのコンテです。 ここからいよいよ仕上げの作業でどんなマジックが起きるのか、最後まで楽しみで仕方がありません。 この作品に携われたことを光栄に思うと共に、皆さんの人生に寄り添い、心の中にずっと残っていく作品になるよう最後まで心を研ぎすまして全力で取り組みたいと思います。 ロック・ジャズ・ヒップホップから民族音楽まで縦横無尽に織りこまれ、「ジャンル」という既存の枠組にとらわれない音楽性。 恋愛から死生観まで、哲学的、時にロマンティックに描き出した歌詞。 大きなメディア露出がなかったにもかかわらず、ライブと口コミで着実に広がり、シングル「オーダーメイド」「DADA」ではオリコン・ウィークリー・チャート1位を獲得、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。 メジャーデビュー10周年を迎えた2015年は、次なる大きな飛躍を感じさせる一年と成った。 ボーカル・ギターの野田洋次郎は、初となるエッセイ「ラリルレ論」 文藝春秋社 を上梓し、ベストセラーとなる。 また、初出演・主演を務めた映画「トイレのピエタ」では毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し多彩な才能を発揮した。 Children)を迎えて、こちらも初となる対バンツアーを実施。 年末には幕張メッセでワンマンライブを行い、3万人強のオーディエンスを熱狂させた。 これらのツアーを追ったドキュメンタリー映画「RADWIMPSのHESONOO」を2週間限定劇場公開し話題となった。 <新海誠監督コメント> 誰に音楽をやってほしいかと問われた時、実現の可能性を考えもせずRADWIMPSが好きだと答えました。 その後、洋次郎さんにお会いする機会に恵まれ、正式に一緒にやろうと決まった時から今のこの瞬間まで、ずっと夢を見ているように幸せです。 RADWIMPSの作り出す楽曲群は10年前から常に新しく、音楽の最前線です。 歌詞には「日本語はこんなに自由で豊かなんだ」という驚きが常にあります。 最初の1曲として『前前前世』を受け取ったのはもう1年以上も前ですが、その日の天気も興奮も覚えています。 部屋に座ったままではとても聴けず、外に出て歩きながら聴き、雨が降ってきても繰り返し聴き続けました。 まさに映画に捧げられた曲で、胸が詰まりました。 『君の名は。 』は、台詞、楽曲、野田さんの声など音の主役がシーンの中でどんどん移り変わっていくような、新しい感覚のアニメーション映画になるはずです。 新海誠 [新海誠監督プロフィール] 1973年生まれ、長野県出身。 2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。 同作品は、新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」をはじめ多数の賞を受賞。 2004年公開の初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』では、その年の名だたる大作をおさえ、第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。 2007年公開の『秒速5センチメートル』で、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞。 2011年に全国公開された『星を追う子ども』では、これまでとは違う新たな作品世界を展開、第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞受賞。 2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を受賞。 2013年に公開された『言の葉の庭』では、自身最大のヒットを記録。 ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞した。 同年、信毎選賞受賞。 次世代の監督として、国内外で高い評価と支持を受けている。 <神木隆之介(主人公・立花瀧役)コメント> 「前前前世」を初めて聴いた時、これまで感じた事のない衝撃を受け鳥肌が立ち、 自分の中で「君の名は。 」の世界観が更に鮮やかになりました。 RADWIMPSさんの素敵な曲を聴きながら、これから始まる声録りに向けて更に気合が入りました。 神木隆之介 [神木隆之介プロフィール] 1993年生まれ、埼玉県出身。 1999年、ドラマ「グッドニュース」 TBS でデビュー。 映画『妖怪大戦争』 05年 で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 近年の出演作に、『桐島、部活やめるってよ』 12年 、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』 14年 、『神さまの言うとおり』 14年 、『バクマン。 』 15年 、『太陽』 16年4月23日公開 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16年6月25日公開)。 アニメ映画への声の出演としては、『千と千尋の神隠し』 01年 、『ハウルの動く城』 04年 、『サマーウォーズ』 09年)、『借りぐらしのアリエッティ』 10年 、『とある飛空士への追憶』(11年)などの作品に参加し高い評価を得ている。 』 8月26日(金)公開 監督:新海誠 声の出演:神木隆之介 上白石萌音 新海誠-この才能に日本中が恋をする 『秒速5センチメートル』(07年)、『言の葉の庭』(13年)など意欲的な作品を数多く作り出し、次世代の宮崎駿、ポスト細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。 その新海誠監督の待望の新作となる『君の名は。 』でキャラクター原案を務めるのは『心が叫びたがってるんだ。 』 15年 などで新時代を代表するアニメーターとなった、田中将賀。 また、『千と千尋の神隠し』 01年 など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド、安藤雅司を作画監督に迎えるなど、日本最高峰のスタッフがスタジオに集結。 音楽はその唯一無二の世界観と旋律で、熱狂的な支持を集めるロックバンド・RADWIMPSが担当する。 声の出演として、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に同世代の中でひときわ異彩を放つ演技派俳優、神木隆之介。 そして、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を、オーディションでその役を射止めた上白石萌音が務める。 まだ会ったことのない君を、探している 山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)、そして、東京に暮らす男子高校生の瀧(たき)。 出会うはずのない二人は、ある日、お互いの存在を知る。 少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。 世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」。 新海誠はその物語を圧倒的な映像美とスケールで描き出す。 誰もが経験したことのない、アニメーションの新領域。 」製作委員会 関連リンク•

次の

「RADWIMPS」野田洋次郎×上白石萌音「楽園」主題歌でコラボ! 本予告完成 : 映画ニュース

追憶radwimps

com ニュース]、、が共演し、監督がメガホンをとった映画「」の本予告映像と本ポスターが、このほどお披露目された。 あわせて、主題歌情報も発表。 タイトルは「一縷(いちる)」となり、人気ロックバンド「RADWIMPS」のが作詞、作曲、プロデュースを手がけ、女優のが歌唱を担当していることがわかった。 「」「」などで知られる氏の小説「犯罪小説集」を基に、「64 ロクヨン」「」などの瀬々監督が映画化。 ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女誘拐事件が起こった。 事件は未解決となり、事件直前まで被害者と一緒にいた親友・湯川紡(杉咲)は心に深い傷を負ってしまう。 12年後、再び少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす中村豪士(綾野)が容疑者として浮上。 一方、Y字路に続く集落では、養蜂家・田中善次郎(佐藤)が、些細なことから状態にされてしまう。 人はなぜ罪を犯すのか、そしてなぜ自分だけが生き残ってしまったのか。 それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。 監督作「」(2016)の公開当時には、ヒロイン・宮水三葉を演じた上白石が、主題歌のひとつでもある「RADWIMPS」の「なんでもないや」をカバーし大きな話題を呼んでいた。 そして、同作以来3年ぶりとなる「」で、野田は上白石に初めて楽曲を書き下ろすことに。 本ポスター C 2019「楽園」製作委員会 「初めてこの楽曲をいただいた時、部屋にこもって正座して聴いたのですが、気づいたら泣いていました」と振り返る上白石。 「まさに、小さい光が差したような気がしたんです。 上白石に対して「初めて歌うように、この曲を歌って欲しい」とアドバイスしていた野田は、「萌音さんには、今回初めて楽曲を書かせていただきましたが、声優もされていて、もちろん女優としての表現力もあるからこそ、自分の声を知り尽くしていて緻密さ、大胆さも、縦横無尽に表現できる。 僕も学ぶことが多いレコーディングでした」と述懐。 「『』という映画によって、萌音さんとまたこうして引き合わせてもらえたことがうれしいし、この曲が制作できたことが幸せです。 僕にとっても大事な曲になると、この手応えを感じながら制作していました。 聴いてくれる方々の人生と、一緒に育っていってくれたらうれしいです」とコメントを寄せている。 「」は、10月18日から全国公開。

次の